紅茶の本 -決定版-

著者:堀江敏樹
判型:四六判
頁数:224頁
ISBN4-931246-20-6 C0077
定価:本体1500円 + 消費税
【内容】
紅茶ファン待望の書・紅茶入門の決定版
日本の紅茶事情、世界の紅茶事情、紅茶の原産国案内から製茶の工程、紅茶の商品学、おいしい紅茶のいれ方・楽しみ方。紅茶を知り尽くした著者が、紅茶を身近な「お茶」として、じょうずにつきあっていく方法とヒントを楽しく解説。紅茶の本質的な魅力をシンプルにわかりやすく語ります。

【立ち読みコーナー】 「紅茶と渋み」

【書店様用注文短冊】

【目次】
・「青缶」は紅茶のバロメーター
・「飾り」になってしまった日本の紅茶
・あなたは「レモン派」、それとも「ミルク」派?
・午後は時間をかけてアールグレー
・紅茶もウーロンも緑茶も同じ木から
・紅茶のできるまで
・紅茶の商品学
・紅茶のとれる国
・葉っぱの量と蒸らす時間
・新鮮なお湯で葉っぱの動きを活発に
・ふつうの牛乳がいちばん
・紅茶と渋み
・紅茶の道具だて
・紅茶の保管と賞味期限
・ティーバッグの功罪
・紅茶はブレンドで生きてくる
・アイスティーはむつかしい
・シチュードティー(チャイ)のご案内
・ブランドにこだわらず自分なりの紅茶を
・紅茶のおいしい喫茶店の見分け方
・セイロン紅茶の父ジャームス・テーラー
・紅茶飲みの国ニュージーランド見聞
・RTD茶の憂鬱
・ティーインストラクターの錯誤
・合点がいかない「ガッテン流」紅茶
・素晴らしき紅茶人間たち
・紅茶で野点
・エアラインのティーサービス拝見
・不思議な飲み物
・紅茶は頑固な商品であ
・「幻の紅茶」は幻である
・紅茶の「はじめ」と「終わり」を大切に

【著者紹介】堀江敏樹(ほりえ・としき)
1936年生まれ。ティー・スペシャリスト。
ムジカティー取締役。日本で最初の紅茶専門店「ティーハウス・ムジカ」のオーナー。辻学園調理・製菓専門学校講師。日本紅茶協会会員。紅茶界のご意見番として、セミナー、講演などで幅広く活躍中。著書に『ティー プリーズ』『紅茶で遊ぶ観る考える』『カルカッタのチャイ屋さん』『City of Chai』(以上、南船北馬舎)、『紅茶屋のぶつぶつ』(人間環境行動研究所)など。神戸市在住。

INDEX(トップページ)刊行物一覧 ご注文