タミル語入門

著者:カルパナ・ジョイ/袋井由布子
判型:B6判
頁数:160頁
ISBN978-4-931246-22-5  C0087
定価:本体2200円 + 消費税
【内容】
本邦初の本格的タミル語入門書
 
インド、スリランカ、シンガポール、マレーシアなどで広く話されているタミル語は、話者7000万人を超える巨大言語です。なのになぜか、日本語で学べるタミル語の教本はほとんどありませんでした。
 初の本格的入門書として、本書は初歩から独習できるように、文字のしくみ・発音(カタカナとローマ字を併記)・文法・会話をわかりやすく解説しています。
 旅行にはもちろん、ビジネスに、長期滞在に、マサラ映画鑑賞に、ぜひお役立てください。

【書店様用注文短冊】

【立ち読みコーナー】
「凡例」「タミル語の文字としくみ」

●タミル文字のしくみ・発音(カタカナとローマ字で併記)・文法・会話を初歩から独習できる教本です。
【目次】
◎タミル語の文字と発音:母音/子音/子音+母音/混乱しやすい発音/連音
◎タミル語文字一覧
◎文法事項・重要な構文:命令文/疑問文/希望/理解・認知・趣向/所在・所有・状況・状態/形容詞・副詞/勧誘/行為の許可/完了/可能/動詞の時制/英単語を活用した表現
◎文法補説:人称代名詞/重要な格/指示語/動詞活用
◎単語集:動詞一覧/形容詞・動詞一覧/数字/暮らしの単語集
◎タミル語索引
◎日本語索引
◎私のタミル語学習体験(袋井由布子)


【著者紹介】
カルパナ・ジョイ (G. Kalpana Joy Selvakumari)
1966年タミル・ナードゥ州生まれ。博士号(英文学)を取得した後、同州ティルネルヴェーリにあるManonmaniam Sundaranar 大学(MSU)にて英語、英文学の教鞭をとる。また副監修者として下記の『Learn Japanese』の制作に携わる。現在はフリーランスの語学教師として、チェンナイにて英語、日本語、タミル語を教える。

袋井由布子(ふくろい・ゆうこ)
1967年東京生まれ。成城大学文学研究科(東洋美術史専攻)修士課程修了後、インドに留学。2002年、マドラス大学より博士号を取得。博士論文では南インドのヒンドゥ教寺院に残る舞踊の彫刻に焦点をあて、舞踊の型の分析、また舞踊彫刻に込められたシンボリズムについて論じる。専門はインド美術史、図像学。著書に『インド、チョーラ朝の美術』(東信堂・2007年)。また語学教材の著作にも携わり、『Learn Japanese (全3巻)』 (Chennia: Institute of Asian Studies,1996 &1997) 、『旅の指さし会話帳76・南インド』(情報センター出版局・近刊予定)などがある。現在、和光大学オープンカレッジ非常勤講師。

INDEX(トップページ)刊行物一覧 ご注文